桐ヶ谷斎場で別れを見届けよう|任せて安心

家族が亡くなった場合には

お焼香

家が狭くても大丈夫です

多くの人が病院で最期の時を迎えますが、通夜までの間ずっと病院の霊安室に遺体を安置しておけるわけではありません。それどころか、できるだけ早く遺体を別の場所に移動してほしいと病院から催促されてしまうのが実情です。しかし、最近は住宅事情の関係で家へ遺体を連れて帰ることができない人が多くなっています。家が狭くて遺体を安置できるような場所がないというケースもあれば、マンションの管理規約で占有部分への遺体搬入が禁止されているようなケースもあります。そんな時は、遺体保管サービスがある斎場を利用するとよいです。東京都内で遺体保管に対応している斎場といえば、桐ヶ谷斎場が有名です。桐ヶ谷斎場は冷蔵保管と一般保管の2種類を用意していますが、万が一桐ヶ谷斎場の霊安室がいっぱいだったとしても、提携霊安室が用意してありますので、遺体の保管を断られてしまう心配がありません。

お金がなくても大丈夫です

桐ヶ谷斎場は、都心からのアクセスがとても良い場所にあるため、著名人の葬儀がしばしば営まれます。テレビの画面に桐ヶ谷斎場が映ることがよくあるので、桐ヶ谷斎場に行ったことはなくても名前だけは知っているという人が大勢います。そのため、桐ヶ谷斎場のことをお金持ちしか利用できない高級斎場だと誤解する人が多くなっています。しかし、それは大きな間違いです。桐ヶ谷斎場には多数の弔問客が訪れる大規模葬儀に対応できる大型斎場がある一方で、参列者が10人程度の家族葬向けの小規模斎場も用意されています。また、諸事情で経済的に苦しい状況に陥っている人向けに、火葬のみの葬儀プランも用意されています。お金をかけさえすればよい葬儀になるというものではありません。故人の死を悼む気持ちさえ伴っていれば、お金をかけなくてもよい葬儀にすることができます。桐ヶ谷斎場には20万円台の格安葬儀プランも用意されているため、近隣住民の間で高い人気になっています。

お葬式のポイント

葬儀

八尾市で葬儀会社を選ぶ時には、参列者の人数も考えながら、会場料金もセットになったプランを選ぶのが理想的です。冠婚葬祭の情報サイトでお葬式のマナーについて学んだり、葬儀会社と事前に相談するのが賢い方法です。

もっと見る

小さな葬儀をするには

葬式

門真市の葬儀社が提供する家族葬は、料金体系が非常にシンプルです。自社所有の式場を利用することから、余計なコストがカットされます。分割払いや返金に応じるなど、費用の点でかなり融通が利くのが最近の葬儀社です。

もっと見る

故人のものを整理して処分

荷物をまとめる人

遺品整理とは亡くなった人の遺品を仕分けて、不用品を処分するサービスです。横浜のような都会でも、高齢化社会の今は求められる仕事の一つです。料金にはスタッフの人件費、運搬費や処分代、アドバイス代などがかかります。

もっと見る